【マニアック】原始的な裸子植物であるイチョウとソテツは精子をつくるという驚きの事実!

一般的によく知られている植物は花粉から花粉管が伸びて…というようなイメージが主流ですが、原始的な裸子植物であるイチョウとソテツは精子を作ることが知られています。

発見者は日本人の平瀬作五郎で、1896年にはイチョウの精子を世界ではじめてプレパラートで確認しました。その後、実験室に共にいた池野成一郎はソテツの精子を発見します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。