ちょっとディープな生物の世界

あまりにも巨大すぎる!!羽を広げると22cmもあるオオキバヘビトンボ「Acanthacorydalis fruhstorferi」

オオキバヘビトンボの一種「Acanthacorydalis fruhstorferi」とは?

Acanthacorydalis fruhstorferiは中国に生息するヘビトンボの仲間です。21.6cmの個体が発見されギネスブックに登録されました。ヘビトンボの仲間は巨大なものが多いのですが、Acanthacorydalis fruhstorferiは群を抜いてダントツ1位です。

photo by pinterest.jp

ヘビトンボは幼虫の間は水中で暮らし、成虫になると飛んで生活するようになります。ヘビトンボは名前に「トンボ」とつきますがトンボのような機敏さはなく、きごちなくパタパタと飛び回る夜行性の生物です。

成虫になってからは数日しか生きられず、交尾して卵を産んで死にます。ちなみに顎が巨大化するのはオスだけです。クワガタみたいなもんですね。

photo by artsandculture

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。