ちょっとディープな生物の世界

【閲覧注意】奇形のカエルを透明標本にして骨格を観察してみた

アメリカの生物学者でカメラマンのブライトン・バレンジー( Brandon Ballengée )氏が南北アメリカ、オーストラリア、アジア、ヨーロッパなどで捕獲した奇形のカエルを透明標本にした画像です。バレンジーさんは透明骨格標本がお好きなのか、上記リンク先のサイトには多数の透明骨格標本画像があります。

それにしてもよく奇形を抱えたまま完全な成体まで成長したなと驚かされるばかりです。

http://www.fubiz.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。