ちょっとディープな生物の世界

【閲覧注意】寄生虫が体内を這いずり回る!!幼虫移行症の跡

幼虫移行症とは?

幼虫移行症とはその名前の通り、寄生虫の幼虫が体内を動き回る病気です。ヒト以外を最終宿主とする寄生虫がヒトに感染してしまい、成虫になることができず幼虫のまま体内を動き回ります。寄生虫の種類によっては脳や眼に到達することもあり、非常に危ない病気です。

動き回っている時はどんな感覚なんでしょうか…。

こちらは眼球に入ってしまった寄生虫。がちで怖い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。