ちょっとディープな生物の世界

【閲覧注意】超巨大なウオノメの目を取り除いたらボッコリ穴が開いた

ウオノメは皮膚の一番外側の角質層という硬い層に対して一定の圧迫刺激が加わると、角質が芯のように厚くなって真皮に向かって食い込んでいく病気です。歩くたびに神経を刺激して痛みます。この芯を除去すれば治療することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。