【NEWS】チベットで16万年前のデニソワ人の化石が見つかる

デニソワ人とは

デニソワ人とはネアンデルタール人と同時期に生存していた人類です。系統的にはネアンデルタール人と近く、これまではシベリアでのみ化石が発見されていました。現生人類とも交配しており、メラネシア、オーストラリアの地方の人々にはデニソワ人の遺伝子が残っています。

http://test.abovetopsecret.com/

 今回、デニソワ人の化石が発見されたのは、高原の低酸素の環境です。現生人類であるチベット民族やネパールの少数民族は遺伝子レベルで高地の低酸素環境に適応しており、その形質の起源はデニソワ人との交雑に遡ることができると考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。