【NEWS】ロシアでイルカやシャチをいけすに閉じ込めていた業者に4700万円の支払い命令

ロシアの「ホワイトホエール」という会社は、外国の水族館などにイルカやシャチを輸出する事業を行っています。捕獲された海洋哺乳類はロシア極東のナホトカで飼育されており、その狭さが問題となっていました(イルカ監獄と呼ばれていました)。

ウラジオストクの地方裁判所は、会社に対して漁業規則に反してシャチ3頭を捕獲したとして、4700万円(2810万ルーブル)の支払いを会社に命じたそうです。問題になった各社は、捕獲方法に関しては合法的な手続きをしたと主張しています。一方政府は、シャチやシロイルカは7月・8月には解放されるべきだと述べました。

ロシア極東の「イルカ監獄」企業に罰金4700万円

こちらの映像が問題のイルカ監獄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。