ちょっとディープな生物の世界

【Q&A】血を吸うコオモリって本当にいるの?

ナミチスイコウモリは血を吸って生きている

全てのコウモリが血を吸うわけではありませんが、メキシコ北部~南アメリカに生息するナミチスイコウモリは血を吸って生きています。唾液の中には血が固まらない物質が含まれており、家畜の血を吸うようです。

https://ja.wikipedia.org/

また、親指は長く、後肢も力強く、コウモリとしては例外的に歩行が得意であり、獲物に接近する時や血を吸った後などは地上を移動することが多くあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/

利他行動をするコウモリとして有名

この「吸血コウモリ」ですが、飢餓状態の仲間に対して血を分け与える「利他行為」の習性をもつことで知られています。この利他行為は、過去にグルーミングをしたことのある仲の良い個体間などでまれに確認されています。また、別個体の子どもに乳を分け与える現象も確認されており、種族における社会性の高さに研究の焦点が集まっているそうです。

[amazonjs asin=”4794213271″ locale=”JP” title=”吸血コウモリは恩を忘れない―動物の協力行動から人が学べること”]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。