オランダの霊長類研究センターでのサルを用いた実験の様子。これが受け入れなければならない現実。

オランダの生物医学霊長類研究センター(BPRC)の内部の様子です。外には動物保護団体が叫んでいますが、中では医学の発展のためにサルを使っての実験がなされています。どちらも善意からくる活動なのでしょうが、衝突しなければならないのは残念です。しかし、現時点においては、人類に近い存在であるサルでの実験は、臨床前のステップとして欠かせないものでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。