ちょっとディープな生物の世界

カエルがまさかの飛行に適応!!「クロマクトビガエル(ワラストビガエル)」

クロマクトビガエルとは?

クロマクトビガエル(Rhacophorus nigropalmatus)は、アオガエル科アオガエル属に分類されるカエルで、東南アジアに生息しています。ワラストビガエルと呼ばれることもあります。

photo by wikipedia.org

クロマクトビガエルは指と指の間の水かきが大きく発達しており、木からジャンプすると全ての足で水かきを広げます。水かきが上手く空気を捉え、滑空することができるのです。飛行方向も少し調節可能なようっです。言うまでもなく、この滑空術は敵から逃げる際に使われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。