【Q&A】ネコザメの卵は何故ドリルの形をしているの?

岩の間に挟んで固定するため

ネコザメとはネコザメ目ネコザメ科に属するサメの一種で、丈夫な臼歯で貝殻を砕いて食べることから別名サザエワリと呼ばれています。日本近海に生息するネコザメ科の代表種です。

 https://oceanforsharks.wordpress.com/

ネコザメの卵はドリル状の形をしています。この卵ですが、産卵直後は柔らかく、母親は卵を産むと咥えて岩の間に押し込みます。次第に卵が硬化し、岩から抜けなくなって流される心配もなくなります。また、捕食されづらくなるそうです。

http://sharkrayresearch.weebly.com/

こちらは中の赤ちゃんの様子が見られる動画です。

卵生の生物は普通、その生存率の低さから多くの卵を産みますが、ネコザメは僅か10個ほどしか産みません。それでも絶滅しないで生き延びているということは、ドリル卵の生存確率の高さがわかりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。