ちょっとディープな生物の世界

メスが死んでも腹から卵を取り出し交尾をし続けるカエルが怖すぎる

見た目はかわいらしいカエル…

https://en.wikipedia.org/

リネッラ・プロボスキデア(rhinella proboscidea)と呼ばれるカエルは、繁殖期になると爆発的に集合し交尾をすることで有名です。このカエルはブラジル、コロンビア、エクアドル、ペルーで見られます。

メスが死んでいても腹から卵を取り出して受精する

https://en.wikipedia.org/

繁殖期は多くの個体が集合し、交尾中であっても他のオスがメスを奪おうと争い、その結果メスが窒息死することが多々あります。しかし、オスはメスが死んでいたとしても前肢と後肢を使用して死体の腹の側面を圧迫して卵を取り出し、最終的には受精させます。少なくとも5個体でこのような行動が見られたとの報告があります。

いわば「死体と交わる」というこの行為は人間社会においてはタブー中のタブーですが、このカエルの社会においては「死んでいても影響がなかった」という結果から、進化の中で残ってしまった行動であると考えられます。進化って…すごいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。