世界最小のほ乳類「ピグミージェルボア(バルチスタンコミミトビネズミ)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピグミージェルボアとは

別名をバルチスタンコミミトビネズミと言い、世界最小のほ乳類の1つと考えられている。頭胴長36~47mm、尾長72~94mm、体重は僅か5g前後しかない。高地でほとんど雨の降らない環境の厳しい砂漠地帯に生息している。

なぜ長い尾を持つのか

異様に長い尻尾は脂肪を蓄積するためといわれており、生息している半砂漠地帯や荒地で、しばらく水や栄養を摂らなくても生きていけると考えられている。

熟睡すると死んだようになる

夜行性の動物であり、日中は仰向けなり無防備な姿で寝る。あまりにも深く寝るため、触っても動きが鈍いことがる。その寝相から死んでいると思われてしまう場合がある。

とにかくかわいい

現在は輸入禁止であり、家庭で飼うことはできないが、動物園などでは飼育されている。ぜひ見にいってみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. LOVE より:

    はじめまして^ ^
    バルジスタンコミミトビネズミちゃんの存在は、以前から知ってはいたのですが、、、ブリーダーさんや、ペットSHOPなど、購入先がわかれば幸いです‼︎

コメントを残す

*