小頭症を持つ男性とその母親が懸命に生きる

小頭症とは、頭蓋骨の縫合が早期に完成するために頭が極端に小さい場合と、脳の発育が悪いために脳体積が小さい場合の2つがあります。しかし、いずれも知能の発育に遅滞が見られます。

幼少期にジカウイルスによって小頭症が引き起こされたのではないかと母親は推測しています。現在は、蚊によるウィルス感染で苦しんでいる南アメリカの女性や子供たちに、必要な物資を送るための資金を集めるチャリティー活動を行っているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。