抱卵する恐竜「オヴィラプトル (Oviraptor)」が卵を抱いたまま死んだ情景が悲しすぎる

オヴィラプトルの化石が発見され当初は、卵と共に発見されたため、他の恐竜の卵を盗む恐竜だと考えられました。そのため、「卵泥棒」と名前をつけられました。しかし、その後の調査により、その卵の中からオヴィラプトルの子どもが発見され、抱卵していたことが明らかになりました。

ちなみにこちらが再現CGの基となった化石です。

https://earthobservatory.nasa.gov/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。