ちょっとディープな生物の世界

生物を構成する元素

生物を構成する主要元素

細胞を構成する主な元素はC、H、O、Nである。ヒトの場合、生重量で測定すると、この4元素で約97%を占める。ヒト以外の生物でも、この4つの元素が大部分である。主要4元素以外には、Mg、Ca、K、S、Fe、P、Na、Cl、Cu、Zn、Iなどがある。

https://en.wikipedia.org/wiki/

 

Mg マグネシウム

光合成色素のクロロフィルの構成元素である。

https://en.wikipedia.org/wiki/Chlorophyll

 

Ca カルシウム

血液凝固や筋収縮に関与する。また、リン酸カルシウムとして骨の成分である。

https://en.wikipedia.org/wiki/Bone

K カリウム

神経細胞の静止電位の発生に関与する。

S 硫黄

アミノ酸のシステイン(下画像)、メチオニンに含まれている。

https://en.wikipedia.org/wiki/Cysteine

Fe 鉄

ヘモグロビン(下画像)、シトクロムの構成元素である。シトクロムは呼吸の電子伝達系に関わる。

https://en.wikipedia.org/wiki/Hemoglobin

 

P リン

拡散、ATP、NADPなどの構成元素である。また、リン酸カルシウムとして骨の成分である。

https://en.wikipedia.org/wiki/Adenosine_triphosphate

 

Na ナトリウム

体液中に最も多く含まれる陽イオンである。神経細胞の活動電位の発生に関与する。

Cl 塩素

胃液中に含まれる。

 

Cu 銅

血液色素のヘモシアニンに含まれる。

https://en.wikipedia.org/wiki/Hemocyanin

 

Zn 亜鉛

免疫に関与ている。

 

I ヨウ素

甲状腺のチロキシンの構成元素となる。

http://www.wikiwand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。