ちょっとディープな生物の世界

自分の体の半分ほどの大きさの幼虫を産むツェツェバエがすごい

ツェツェバエは産卵をせず腹の中で子どもを育てる

ツェツェバエは子宮の中に1個だけ卵を持っており、子宮内で孵化します。孵化した幼虫は1週間ほどは、メス親からの分泌物を食べて育ち、老熟幼虫にまで成長してから産まれます。その大きさは親の半分ほどもあり、異様な光景です。

ツェツェバエは吸血を行う

ツェツェバエは吸血を行うハエです。雌雄共に、血液を栄養源として過ごし、1度の吸血で最大150mgの血液を吸います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。