ちょっとディープな生物の世界

超長い鼻を持つテングギンザメの顔が珍妙すぎる!!

テングギンザメとは

テングギンザメは深海200~2000mの世界中の温帯~熱帯の海に生息するギンザメ(軟骨魚類)の仲間です。普通のギンザメは1mほどになりませんが、テングギンザメは長い鼻を持っているため体長は2mにも及びます。

属名のChimaeraはギリシア神話に登場する怪物キマイラ(キメラ)に由来しています。ギンザメ属の多くが特徴的な形をしていますが、このテングギンザメは珍妙さはひとしおです。下動画は普通のギンザメです。

どうして長い鼻を持っているの?

鼻には多数の感覚神経があり、小魚などの食べ物を見つけるために使用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。