神経系の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神経系の種類

神経系には中枢(脳や脊髄)がない散在神経系と中枢があるかご形神経系はしご形神経系管状神経系がある。右に行けばいくほど発達したものとなっている。

sinkeikei

 

http://www.tmd.ac.jp/

散在神経系

散在神経系はヒドラなどの刺胞動物が持っている。

hidora
http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/

かご形神経系

かご形神経系はプラナリアなどの扁形動物が持っている。

puranaria
http://www.cdb.riken.jp/

はしご形神経系

はしご形神経系ではバッタなどの節足動物環形動物が持っている。脳の他に神経節と呼ばれる神経細胞の塊が節ごとにある。下画像のミミズは環形動物である。

mimizu

神経節を持っているため、虫は頭がなくても動くことができる。しかし、口がなくなるのでいずれは餓死する。

管状神経系

管状神経系は脊椎動物が持っている。脳と脊髄があるのが特徴である。ヒトの場合は中枢神経系(脳と脊髄)を中心に末梢神経系が伸びている。末梢神経系には体性神経系(感覚神経・運動神経)自律神経系(交感神経・副交感神経)が存在する。

中枢神経 脳と脊髄
末梢神経 体性神経系 感覚神経・運動神経
自律神経系 交感神経・副交感神経
  • 感覚神経:体の各部からの感覚の情報を中枢神経に伝える神経
  • 運動神経:中枢神経から体の各部に筋肉運動の情報を伝える神経
  • 交感神経:主に緊張時に働く無意識の活動に関する情報(心臓拍動増加など)を体の各部に伝える神経
  • 副交感神経:主にリラックス時に働く無意識の活動に関する情報(心臓拍動低下など)を体の各部に伝える神経
中枢神経
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*