ホルモンと内外分泌腺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホルモン

ホルモンとは、内分秘腺から放出される物質であり、恒常性を維持するなどの働きに重要な役割をする。ホルモンは血液に乗って標的器官標的細胞へと運ばれる。そのため、ホルモンが分泌されてから反応が起こるまでは、時間がかかる。また、極微量で作用し、多くは自律神経系と協調して働く。

ホルモン

ホルモンの種類

ホルモンは、タンパク質、アミノ酸、ステロイドが成分となっている。ステロイド系のホルモンはコルチコイド性ホルモンだけである。タンパク質系ホルモンの殆どは親水性であり、ステロイド系ホルモンは疎水性である。ただし、チロキシンはタンパク質系ホルモンであるが疎水性である。

性ホルモン

性ホルモンhttp://www.dreamstime.com/

コルチコイド
コルチコイドhttps://en.wikipedia.org/

ステロイド

ステロイドとは、ステロイド骨格(下画像)と呼ばれる構造を持つ物質の総称である。ステロイドは殆どの生物で生合成される物質で、ホルモン類として重要な働きをする。

ステロイド骨格

https://www.studyblue.com/

 

内分泌腺と外分泌腺

ホルモンなど体内に分泌する腺を内分秘腺と呼ぶ。分泌物は血液などの体液に乗って運ばれる。

内分泌腺

https://www.studyblue.com/

一方、体外に物質を分泌する腺を外分泌腺と呼ぶ。外分泌腺は排出管と呼ばれる体外へ続く管を持っている(下画像)。外分泌腺には消化腺、汗腺、皮脂腺などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. やり直し学習中 より:

    手術の写真は、直接貼らないでリンクなどにしたほうが良いのではないでしょうか?
    こういった写真の苦手な方が、閲覧できなくなって、勉強できなくなるのはもったいないです。

  2. 管理人 より:

    >やり直し学習中さん
    貴重な意見いただきありがとうございます・w・
    そういわれてみればその通りです;w;時間がある時に全体的にチェックしたいと思います!

コメントを残す

*