母性因子による体軸の決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母性因子

母性因子とは卵細胞が持っている物質で、体軸の決定を行っているもののことを指す。具体的にはmRNAタンパク質がそれに当たる。ウニの母性因子、ショウジョウバエのビコイドmRNA、カエルの卵のディシュベルドタンパク質などがあげられる。

ウニの母性因子

ウニの体軸決定因子を調べるために次の実験を行った。

  • 植物極と動物極どちらも含むようににウニの未受精卵を切断する(実験1)
  • 植物極、動物極だけの細胞を作るためににウニの未受精卵を切断する(実験2)

その後、精子を受精させて発生過程を観察した。なお、無核の卵でも精子の進入によって発生が進むことは確認されている。実験結果は以下のようになった。

  • 1の実験では、どちらも正常な幼生が発生した。
  • 2の実験では、動物極側は胞胚期で発生が停止した。植物極側は不完全な幼生が形成された。

このことから、植物極側に体軸を決定する母性因子があること、動物極側の細胞質基質もなければ正常な発生をしないことが判明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*