錯視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目的

様々な錯視を用いて、視覚が絶対的でないことを学ぶ。

実験方法

  1. 下の錯視図を眺める。
7-incredible-optical-illusions01
1243354528_0
Bulge02c
movinschooloffish01
rollers
rotrays
sakurasfs

結論 

  1.  脳の情報処理が原因で、明るさの差が大きいところは情報処理のスピードが速く、差の小さいところはスピードが遅い。これにより、図が動いたり歪んで見えたりする。
  2. 参考サイトhttp://s-park.wao.ne.jp/

参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*