糖尿病

食事を取ると、糖を血液に吸収する。さらに糖を細胞に吸収させるためには膵臓で作られるインスリン(ペプチドホルモン)が必要である。インスリンの産生や分泌が不足したり インスリンが十分に働かなくなると 血液の中にブドウ糖が溜まったままとなり、糖尿病となる。治療には生活習慣改善やインスリンを摂取する必要がある。

insurin

長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため、血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こす。すると、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、目、腎臓を含む体中の様々な臓器に重大な障害を及ぼす可能がある。

tounyoubyou
 糖尿病で引き起こされる症状http://www.hatchobori.jp/original4.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。