カエルの心臓の観察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目的

心臓には洞房結節(ペースメーカー)と呼ばれる神経の節があり、拍動の指示を行っている。ペースメーカーに拍動の早さ等の命令をするのは、延髄である。延髄から切り離されても、ペースメーカーがある限り、心臓は拍動し続けることを確認する。以下心臓画像有り、閲覧注意。

カエル

準備

  • 試料:カエル(生きたもの)
  • 器具:解剖ばさみ(百均のキッチンばさみでも十分に代用可)
  • 試薬:ジエチルエーテル(麻酔)

実験方法

  1. カエルを密閉した容器に入れ、ジエチルエーテルを含ませたティッシュも入れておく。しばらくすると、動かなくなる。
  2. カエルを解剖し、心臓部分を取り出す。この際に、心臓を傷つけないよう大きめに切り出す。
  3. しばらくの間、拍動を確認する。

結論

拍動はペースメーカーによって引き起こされ、脳の延髄は拍動の早さの調節を行うだけである。

洞房結節
ヒトのペースメーカーhttps://kotobank.jp/

カエル心臓
カエルの心臓は2つの心房と1つの心室でできているhttp://karapaia.livedoor.biz/

参考 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*