画像・動画

[動画]プログラムを勝手に進化させる「遺伝的アルゴリズム」

遺伝的アルゴリズムとは、プログラム上で突然変異、遺伝子組み換え、自然淘汰、適者生存といった要素を組み入れ、ある状況において最も最適化されたもの(プログラム)が次世代に継続するように設定したアルゴリズムである。世代交代が繰り返された結果、プログラムの進化が行われる。

遺伝アルゴリズム

続きを読む

【閲覧注意】背中で卵を育てるカエル「ピパピパ(コモリガエル)」

ピパピパ(コモリガエル)はメスが背中で子守をすることで有名なカエルである。その特徴的なブツブツは多くの人に鳥肌を立たせる。

産卵前にはメスの背中の皮膚がスポンジのようにやわらかく肥厚する。オスとメスは水中で抱接しながら後方に何度も宙返りし、背泳ぎの状態になったときに産卵した卵をオスの腹部で受け止めて受精させ、回転が終了したときに受精卵をメスの背中の肥厚した皮膚組織に押し付け、埋めこんでしまう。卵は組織内で孵化し、幼生(オタマジャクシ)の時期もメスの背中の組織内ですごす。メスの背中から飛び出してくる頃には小さなカエルの姿になっている。「コモリガエル」という和名はこの繁殖行動からつけられたものである。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/


ピパピパ5

続きを読む

[動画]動物に鏡を見せたら…

様々な動物(哺乳類)の前に鏡を置いたらどうなるかという実験。たいていの動物は映っているものが自分だと認識できずに威嚇などをする。チンパンジーやオラウータンは鏡を認識できるという。ちなみに、ヒトは1歳の後半になってようやく鏡を認識できる(http://yumenavi.info)。

mirror

   

続きを読む

この配色・・・「インドウシガエル」

学名:Hoplobatrachus tigerinus。このカエルはインドや、ミャンマー、バングラディシュ、パキスタンで生息が確認されており、体長は約15cm。インドでは最大のカエル。鮮やかなイエローとブルーのカエルは全てが雄で、年に一度の繁殖期にだけこのような毒々しい体色に変身する。メスにアピールするために変身すると考えられている。
a1cb9251-s

続きを読む