ちょっとディープな生物の世界

【生物語句】オーキシン

植物ホルモンの一種。成長促進、発根(不定根)の促進、側芽成長抑制(頂芽優勢)、落葉・落果の抑制(離層形成抑制)などの働きを持つ物質の総称。総称であって、オーキシンには様々な物質が存在する。

天然のオーキシンはインドール酢酸(IAA)と呼ばれる物質である。1934年にケーグルらがヒトの尿から抽出することに成功した。人工オーキシンにはナフタレン酢酸(NAA)2,4-Dなどの物質がある。

オーキシンは適した濃度では成長を促進するが、高濃度では成長を抑制することが知られている。

オーキシンは茎や根の先端で合成され、決まった方向(基部)に輸送される(極性移動)。

【生物語句】植物の環境応答

【生物語句】生物語句一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。