ちょっとディープな生物の世界

【生物語句】休眠

https://ja.wikipedia.org/

植物の種子がアブシシン酸の働きによって貯蔵物質の蓄積と脱水が促進され、乾燥に対する耐性を獲得して発芽を休止した状態のこと。休眠状態を打破するにはジベレリンが合成されなくてはならない。

2000年近く休眠していた「大賀ハス」などは有名である。

【生物語句】植物の環境応答

【生物語句】生物語句一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。