ちょっとディープな生物の世界

【閲覧注意】非常に強い放射線(100Sv)を小鳥が浴びるとどうなるのか【動物実験】

結論:即死する

photo by youtube

広島原爆関連のVTRでの動物実験。放射能の影響を知らせるための特集番組のようです。

ヒトの場合だと、500mSvを超えると白血球の減少、1000mSv以上で自覚症状、4000mSvを全身に浴びると被ばくした半数が骨髄障がいで死亡します。今回はヒトよりも遥かに小さい小鳥に100Svつまり、100000mSvの放射線を被ばくさせました。結果は即死です。

大量の放射線によって細胞が傷つけられてぐったりして即死します。

2 COMMENTS

Paranoia

今時こういうことやると動物保護を叫ぶ連中が五月蝿いから…
ある程度の動物実験は医学等の発展には必要なのだけれども

どうしても嫌なら実験から得られた成果の恩恵を享受しないか
自分が実験台になれってんだ

返信する
管理人

>Paranoiaさん
コメントありがとうございました。

動物の生命に対する畏敬の念と、人間の命を救うための実際的な必要性と、どちらも視野に入れなければならない問題だと私は思います。

私自身、実験に動物を犠牲にしますが、「物」のように扱ってはいけないものだと感じています。一方で、実際に享受している恩恵を棚に上げての動物実験批判もおかしいですね。両方の視点をいかに取り入れながら、実際の問題に向き合っていけるのかが重要だと思っています。

返信する

管理人 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。