遺伝子とゲノム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲノム

その生物が持つ遺伝情報全て(塩基配列全て)をゲノムと呼ぶ。ゲノムサイズは各生物によって異なっており、人間が一番多いというわけでもない(下図では一番多いが)。

DNA生物種

https://www.yodosha.co.jp/

遺伝子

ゲノムは塩基対すべてを指すが、そのうちで実際に働くのは限られている。実際に遺伝情報として働く塩基対を遺伝子と呼ぶ。真核生物では遺伝子はゲノムの極一部であるが、原核生物ではゲノムの殆どが遺伝子である。下図では、遺伝子領域をピンク、非遺伝子領域を灰色で表現している。

細胞とゲノム

体中の細胞は基本的に同じゲノムを持っている。アフリカツメガエルの核移植実験では、紫外線によって核を破壊した未受精卵に、体細胞の核を移植すると、正常な成体が発生した。

アフリカツメガエル
http://nosumi.exblog.jp/

核移植は顕微鏡下で行われ、技術を要する実験である。

また、同様の方法でクローン羊ドリーも作成された。ドリーは短命だった。
クローン羊

多細胞生物とゲノム

多細胞生物では、すべての細胞が同じゲノムを持っているが、発現する遺伝子が異なる。ハエや蚊の唾腺には、唾腺染色体と呼ばれる巨大な染色体が存在する。唾液染色体にはパフと呼ばれる膨らんだ箇所がいくつかあり、そこでは盛んにmRNAが合成されている。このことから、細胞ではすべての遺伝子が発現してパフを形成しているわけではないことが確認できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*