【閲覧注意】イワノフ博士による猿と人間の交配実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猿と人間の交配実験の背景

旧ソ連時代(1920年代)、スターリンは無敵の人間兵器を作るように科学者に命じました。無敵の人間兵器とは、痛みを感じず、文句を言わず、ただ命令に従う、そのような兵士のことです。

異種交配研究者:イリヤ・イワノフ

スターリンの要請に応えるべく、イリヤ・イワノフ博士に白羽の矢が立ちました。イワノフ博士は、異種交配研究で有名な人物であり、シマウマとロバの交配などを実験し、成功させていました。イワノフ博士にかかれば人間×猿も可能だと考えられたのです。

チンパンジー(♀)に人間の精子を注入する

イワノフ博士は西アフリカに研究所を建設しました。イワノフ博士がアフリカを選んだ背景には、人種差別的な思想が色濃くあります。その研究所では、博士のものではない人間の精子を、雌のチンパンジーに注入する実験が行われましたが、失敗します。

人間(女性)にオラウータン(♂)の精子を注入する

イワノフ博士は計画を変更し、人間の女性にオラウータンの精子を注入する実験を試みます。しかし、移動の途中でオラウータンが死亡してしまいました。驚くことに、人間の女性はボランティアで見つけることができましたが、肝心の猿がいなく、実験を行うことができませんでした。

結局、イワノフはスターリンによる粛清で、強制収容所に送られます。その後、釈放されますが、1932年、イワノフ博士は心臓発作で亡くなりました。

人間×猿はなぜ失敗したのか

考えられる要因として「染色体数の違い」があげられて説明されることがありますが、これは確かではありません。実際に、イワノフ博士が行ったシマウマとロバの交配では、それぞれ染色体数が異なるのであるが成功しています。染色体数が異なって困ることは、受精すると奇数の染色体数になるため、生殖細胞を上手く作れなくなる(子どもができない)ということです。

ウマは64の染色体を持ち、シマウマは種により44ないし62の染色体を持つ。ゾースとして生まれる個体はオスもメスも染色体数は63である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/

もしかしたら交配可能かもしれない

ヒトとチンパンジーのDNAは98%同じだと言われています。

研究者によっては「交配が可能」であると考える人もいます。イワノフ博士の実験はただ精子を注入しただけであったため、正常に受精→発生が進むまでに、何らかの人工的な反応を加えてやれば、数多くの実験をすればもしかしたら成功するかもしれません。しかし、それは決して許される実験ではないでしょう。

しかし、一方で98%塩基配列が同じだとしても、機能的に大きな隔たりがあると考える科学者もいます。

ヒトとチンパンジーのゲノムを比較すると98%以上が相同で、ほとんど差がない。では残りの2%足らずの情報の中に、ヒトを特徴づける特別な遺伝子があり、その有無がヒトをチンパンジーとは異なる独自の生物にしているのだろうか。

私の言いたいことはこうである。仮に遺伝子操作によって、チンパンジーのA’遺伝子をヒトのA遺伝子にすげかえても、(そしてこの操作をくまなく繰り返して、DNA文字列上の2%の差をすべて書き換えたとしても)チンパンジーはヒトにはならない。

ではいったい何がヒトをヒトたらしめるのだろうか。それはおそらく遺伝子のスイッチがオン・オフされるタイミングの差ではないか。

https://www.sotokoto.net/jp/essay/?id=44

DNAが同じでも、遺伝子が発現するタイミングが大きく異なれば、発生が進まず交配は不可能となるでしょう。

交配が可能かどうかは、永遠にわからない問です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*