ちょっとディープな生物の世界

【四コマ漫画】岡崎フラグメント

岡崎フラグメントとは?

岡崎フラグメントはDNA複製の際に合成される短いDNA断片のことです。

DNAポリメラーゼは鋳型DNAを3’→5’の方向にしか進めません。DNAが開裂していく方向に進むDNAポリメラーゼは連続してDNAを合成できますが、反対に進むDNAポリメラーゼは開裂が進むにつれて、短いDNA断片をたくさん合成する必要があります。

photo by wikipedia

この際に生じるDNAの断片(図中のCの1つ1つ)を岡崎フラグメントと呼びます。岡崎令治博士が発見し命名しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。