ちょっとディープな生物の世界

【Q&A】蜘蛛にカフェインを飲ませるとどうなる?

酔っぱらってめちゃくちゃな巣を作る

カフェインが中枢神経に働いて酔っぱらってしまい(麻痺させてしまい)、正常な巣を作ることができなくなります。1948年、スイスの薬理学者PNウィットは薬物がクモに与える影響を実験しました。他のドラッグも試した結果、一番カフェインが効き目が良かったとのことでした(下画像)

こちらは酔っぱらっている蜘蛛の映像です。また、アルコールなどを用いた様々な実験結果はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。