ちょっとディープな生物の世界

ペットのリスは頬袋の中で食べ物が腐って病気になる

人間の食べ物を食べ過ぎると良くない

ペットのリスは、頬袋の中で食べ物が腐って病気になることが度々あります。本来、頬袋は冬用のエサを貯蓄するための運搬袋として使われます。片側にはドングリ3個ほど入るので、せっせと頬袋に詰めて運びます。

photo by wikipedia.org

自然界ならば固いドングリやクルミなどを頬に詰めるのが関の山ですが、ペットのリスはチーズやゆで卵やペットフードなどのベタベタした柔らかい栄養価が高いものを食べることが多いです。そのため、食べ物のカスが頬にへばりつき、そのまま腐ってしまい病気になります。

良いものを食べ過ぎるのも良くないんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。