ちょっとディープな生物の世界

現存する最大の硬骨魚はウシマンボウ

実はマンボウが最大の硬骨魚

魚類では軟骨魚類の大型のものが有名ですが、硬骨魚ではなかなか大きい種のものはいません。現存する最大の硬骨魚はウシマンボウというマンボウの仲間です。

ウシマンボウは上下に長いヒレがついており、このヒレの先から先までが3.5m、前後の長さが3.32m、体重が2300kgにもなります。ちなみにリュウグウノツカイは通常の個体では3mほどですが、長いものだと11mに達するそうです。そういう特別な個体をのぞいた場合の「最大の硬骨魚」ですね。

硬骨魚類の系統ですが、骨格の多くが軟骨でできていることがわかっています。魚が巨大化する際には、骨だと重すぎるため軟骨を使う必要があるそうです。ちなみにクジラは恒温動物なので常に泳ぐことはそこまで負担ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。