身体完全同一性障害の女性が自ら盲目になる道を選ぶ

身体完全同一性障害(Body integrity dysphoria、BID)とは、肢体、通常は脚の切断、または視覚障害者・聴覚障害者になりたいという強い願望を持っており、精神的イメージ像と身体的イメージ像との間に不一致がある状態を指します。この女性は目が見えることに違和感を感じ、幼い頃には彼女は目を傷めるために日光浴をするために何時間も費やしていました。2006年に手術し、盲目となりました。

精神と身体の一致とは、当たり前のように思えて当たり前ではない事柄なんですね。性同一性障害も障害の質としては似ているように思います。

こちらは足を切断した男性です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。