【閲覧注意】背中で卵を育てるカエル「ピパピパ(コモリガエル)」

ピパピパ(コモリガエル)はメスが背中で子守をすることで有名なカエルである。その特徴的なブツブツは多くの人に鳥肌を立たせる。

産卵前にはメスの背中の皮膚がスポンジのようにやわらかく肥厚する。オスとメスは水中で抱接しながら後方に何度も宙返りし、背泳ぎの状態になったときに産卵した卵をオスの腹部で受け止めて受精させ、回転が終了したときに受精卵をメスの背中の肥厚した皮膚組織に押し付け、埋めこんでしまう。卵は組織内で孵化し、幼生(オタマジャクシ)の時期もメスの背中の組織内ですごす。メスの背中から飛び出してくる頃には小さなカエルの姿になっている。「コモリガエル」という和名はこの繁殖行動からつけられたものである。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

ピパピパ5

ピパピパ

 

ピパピパ2

 

ピパピパ3

 

ピパピパ4

 

ピパピパ6

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。