ちょっとディープな生物の世界

【閲覧注意】背中で卵を育てるカエル「ピパピパ(コモリガエル)」

 

 

ピパピパとは?

ピパピパ(コモリガエル)はメスが背中で子守をすることで有名なカエルです。その特徴的なブツブツは多くの人に鳥肌を立たせます!

産卵前にはメスの背中がスポンジのように柔らくなります。オスはメスが産卵した卵を受け止めて受精させ、受精卵をメスの背中に押し付けて埋め込んでしまいます。

卵は背中の組織内で孵化しますが、オタマジャクシの期間は背中ですごし、メスの背中から飛び出してくる頃には小さなカエルの姿となっています。

軽くホラーな画像です。小さなカエルが背中から飛び出しています。
 
ピパピパ

こちらは卵を押し付けられた直後のメスです。卵が埋め込まれています。
ピパピパ2

ブツブツの穴が堪らないですね。
ピパピパ3

黒い卵もおしゃれです。
ピパピパ4
 

子供たちが出発をまだかまだかと待ち構えている感じですね。
ピパピパ6
 

映像で見ると結構感動的ですよ。シュパッと背中から飛び出します。
 

1 COMMENT

Marilyn

This article is actually a pleasant one it helps new
the web users, who are wishing in favor of blogging.

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。