【フェヒナー色】白黒のコマなのにも拘わらず回転すると色が見える錯視がすごい

1838年にドイツの物理学者であるグスタフ・フェヒナーが発見した現象です。白黒の円盤を回転させると色がついているように見えます。個人によって何の色が見えるかも違い、主観色(フェヒナー色)と名付けられました。この原理については解明されていません。

https://ja.wikipedia.org/

また、イギリスのおもちゃ屋さんであるベンハムがこの現象を用いたコマを作り、ベンハムのコマと呼ばれています。

https://ja.wikipedia.org/

上の画像を回転させたものが下のGIF画像です。ほんのり色が見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。