ちょっとディープな生物の世界

【閲覧注意】自分で出産する霊長類がたくましすぎる【動画まとめ】

なぜヒトは一人で出産できないの?

ヒトは他の生物に比べて出産しずらいと言われています。脳が発達しているため、頭が非常に大きく、産道を通りづらくなったためです。また、二足歩行するようになり、腰部周辺の骨格・筋肉の構造が特殊化しました。それに伴い、産道が狭く、曲がりくねっています。

結果、赤ん坊は旋回するようにして産道を通ります。この時、母親の顔の向きが誕生する新生児の顔の向きと逆を向くようになり、自分自身で取り上げることが困難になったとの考え方もあります。 様々な特殊な事情から、「取り上げる」というヒト独自の出産方法が確立されていきました。助けてもらうことによって出産できるというのは、ある意味人間らしさでもあります。

他の動物は、他の個体に助けてもらうことができないため、一人で出産することができます。何人もの介助の下で出産するヒトに慣れている分、彼らの行動はとてもたくましく感じます。それでは見ていきましょう!

ゴリラの出産です。難なく一人で出産します。

 

マカクの出産です。岩にしゃがみこんで産んでいます。

 

出産後は胎盤を食べています。うーん、ワイルド!

 

檻の中での出産。余裕顔です。

 

オラウータンの出産です。羊膜をムシャムシャ食べています。

 

いかがだったでしょうか。サル界では胎盤や羊膜を食べるのがトレンドなんですね!

2 COMMENTS

管理人

コメントいただきありがとうございます。車の中で出産するなんて驚きですよね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。