ちょっとディープな生物の世界

【雑学】ミノムシ(オオミノガ)のメスは成虫になっても足も羽も生えず蓑から出ない

メスの成虫は足も羽も退化している

通称「ミノムシ」と呼ばれる毛虫はオオミノガの幼虫です。オオミノガのオスは成虫になるとふつうの蛾になります。

しかし、メスは羽も足も退化して成虫になってもイモムシのままです。また、メスの羽化は蛹の上部が外れるだけで殻を脱ぎません。そのため、メスは殻からも蓑からも出ずに、フェロモンでオスを引き寄せて交尾を行います。

下画像は蓑をとったサナギの殻をまとったオオミノガのメスです。中にはイモムシのような成虫が入っています。

http://mushikurotowa.cooklog.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。