ちょっとディープな生物の世界

【Q&A】ムカシトカゲが持つ「第3の目」(頭頂眼)の役割は?

体内時計の役割に関わる

ムカシトカゲの「第3の目」と呼ばれる頭頂眼には光を受け取る受容体が存在しています。それは、通常の目が持つ光受容体とは異なるもので、ピノプシンと呼ばれる物質です。そのため、第3の目は光を感知できることから本当に「目」なのです。この目は太陽光を感じて、体内時計の役割に関わっていると考えられています。

 

 https://www.reddit.com/r/

ムカシトカゲの他の爬虫類や両生類にも第3の目をもつ生物はいるようです。

https://en.wikipedia.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。