ちょっとディープな生物の世界

お尻が頭?前後があべこべな蛾「モモハモグリガ」

モモハモグリガとは?

モモハモグリガの幼虫はリンゴやモモなどの果樹の葉が好きで、農家さんからは害虫として嫌われている昆虫です。

photo by britishlepidoptera

幼虫はこんな感じで葉を食べ進めていくので、くねくねと曲がりくねった道の跡が残ります。

モモハモグリガの成虫は翅の先に灰色と黒の模様がありますが、それ以外は白いです。この翅の先の模様は「頭」を模しており、一見前後があべこべに見えます。

このような見せかけの「頭」はチョウ目でも度々見られる作戦です。敵に翅の先を襲われせることで致命傷を防ぐことができると考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。