イチョウの種子のギンナンは子房ではない

イチョウとは

イチョウは裸子植物の針葉樹である。イチョウの葉は広がっているので、一見、広葉樹と勘違いしやすい。しかし、広葉樹、針葉樹の本来の定義は、被子植物か裸子植物かであるので、イチョウは針葉樹と言える。

http://msnki.hatenablog.com/

イチョウは生きている化石であり、中生代にかけて繁栄した古代からの樹木の1つである。

http://www014.upp.so-net.ne.jp/

生殖方法

イチョウは雌雄異株である。また、花粉内で作られた精子が泳いで受精する珍しい生殖様式を持つ。

受粉した花粉は、雌花の胚珠端部の花粉室に数ヶ月保持され、その間に胚珠は直径約2cm程度に肥大し、花粉内では数個の精子が作られる。9 – 10月頃、精子は放出され、花粉室から造卵器に泳いで入り、ここで受精が完了する。

https://ja.wikipedia.org/

 

ギンナンの構造

ギンナンは種皮が厚くなった構造を持っている。果実に見えるところは種の皮である。ギンナンには中毒性があり、最悪の場合、死に至る。食べすぎには注意しなくてはならない。

https://kotobank.jp/word/

2 Comments

管理人

コメントいただきありがとうございます。
そのことを議論する際には、神を何と定義するかから始めなければなりませんね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。