ちょっとディープな生物の世界

シロナガスクジラの赤ちゃんは1日に90kg増える

驚異の成長量1日90kg

シロナガスクジラの交尾が成立すると、12か月後には赤ちゃんが生まれます。生まれた時の体重は2700kg、これは成体のカバと同じくらいの体重です。この時点でぶっ飛んでいます。

さらにシロナガスクジラの赤ちゃんは1日に400~600Lの母乳を飲み、1日に90kgずつ体重が増加していきます。

シロナガスクジラの母乳は栄養満点で、脂質40%、たんぱく質15%、3440J/kgのプロテイン顔負けのカロリーです。ちなみに人間の母乳は315J/kg。

そもそも成体の体重は200トン近くあるので、3トン弱で生まれてくる赤ちゃんは早く大きくならないといけないんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。