ちょっとディープな生物の世界

【動画】ヒトの皮膚に寄生し巨大化するハエ「ヒトヒフバエ」

ヒトヒフバエとは?

ヒトヒフバエはヒツジバエ科のハエで文字通りヒトの皮膚に寄生します。ヒトフブバエの成虫は、蚊やダニなどの腹に卵を産み付けます。蚊やダニがヒトから吸血する時に卵も付着しヒトの体温によって孵化、そして皮膚の中に侵入します。

https://en.wikipedia.org/

幼虫は数か月かけて成長し、十分に肥えると皮膚から這い出て地面に落ちて蛹となり、羽化して成虫になります。

寄生されていてもそこまで害はないそうですが、痒さや痛みになやまされることになるんだそうです。治療方法はピンセットでとること。

様々な生物学者がヒトヒフバエを寄生させて見たんだそうですが、多くの人が「守ってあげたい」という母性が生まれたそうですよ(ナンダソレ)。

お姉さんがヒトフバエに寄生されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。