ちょっとディープな生物の世界

メスにモテたいがために触覚みたいな羽を生やしているヤツ「ベニフウチョウ」

ベニフウチョウ

ベニフウチョウ (Paradisaea rubra)はスズメ目フウチョウ科に分類される鳥です。 ニューギニアの西のワイゲオ島、バタンタ島、ゲミエン島、サオネク島に生息しています。

photo by ebird.org

オスはメスとは異なる美しい羽を持つことで有名です。エメラルドグリーンと黄色の顔、そして尾にはワイヤーのようにくるんと丸まった羽が生えています。

photo by timlaman

これらのオスの形質はメスの注意を引くためだけに進化したものです。オスはメスの注意を引くために、羽を見せつけながらダンスを樹上で踊ります。一夫一妻制であることはわかっています。

photo by youtube

ベニフウチョウは主に果物、果実や昆虫などの節足動物を食べて生活しているんだそうですよ。

photo by flickr.com

けっこう独特なダンスなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。