世界最小の脊椎動物「Paedophryne amauensis(カエル)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Paedophryne amauensisとは

世界最小の脊椎動物であり、カエルの一種である。爬虫両棲類学者のクリストファー・オースティンと院生のエリック・リットマイヤーによって2009年8月にパプアニューギニアで発見され、2012年1月に正式に発表された。

このカエルの体長は僅か7.7ミリメートルである。これまで脊椎動物で最小とされていた淡水魚、Paedocypris progeneticaの体長7.9ミリメートルを下回り、世界最小の記録を更新した。

以下、世界最小王者のご尊顔。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*