ちょっとディープな生物の世界

中生代-恐竜の隆盛から絶滅まで-

中生代

2.52億年前から6600万年前までの地質時代を中生代と呼ぶ。さらに三畳紀、ジュラ紀、白亜紀に分けることができる。

恐竜

http://daizetumetu.com/

恐竜の出現

陸上生活に適応した爬虫類は恐竜へと進化し、様々な環境に適応し多様化していった。

https://www.bukupojok.my/

始祖鳥の出現

爬虫類が出現した後、双弓類、主竜類、恐竜類、竜盤類へと進化していき、そこから鳥類が出現した。竜盤類は絶滅している。

http://dinosaurpictures.org/

中生代の植物

中生代では裸子植物が反映した。ニルソニア、クラドフレビス、バイエラなどの化石が見つかっている。

ニルソニア

三畳紀に生息したソテツの一種である。

http://www014.upp.so-net.ne.jp/

クラドフレビス

三畳紀に生息したシダ植物である。

https://www.kaseki7.com/

バイエラ

三畳紀に生息したイチョウ類である。現在はイチョウ一種のみが自生している。

http://www5a.biglobe.ne.jp/

植物に関する化石:琥珀

また、植物に関わる化石として琥珀がある。琥珀は樹木が出す樹枝の化石であり、昆虫やその他の動物が閉じ込められていることがある。下の琥珀ではカエルが閉じ込められている。

https://www.discoverychannel.jp/

中生代末の絶滅

中生代と新生代の境界の地層(K-Pg境界)に、イリジウムを多く含む地層がある。イリジウムは隕石に多く含まれ、地表には殆どない元素である。また、この地層にはマイクロテクタイトと呼ばれるガラス質の微小級や、衝撃変成石が含まれており、小惑星衝突が大量絶滅の原因であるとの説が強い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。