ENJOY BIOLOGY!!

扁形動物の構造と生態

扁形動物とは

体が扁平であることから「扁形動物」の名称がついている。三胚葉性の生物で、体が扁平で、頭部に神経細胞の集まったを持っている(かご状神経系orはしご状神経)である。口は腹部にあり、消化管は一端が閉じていて肛門がない。

https://kawasuso.exblog.jp/

扁形動物の特徴

左右相称で、前後と腹背の区別があり、眼点をもつものがいる(欠くものもある)。

https://www.pinterest.jp/

循環器系(心臓や血管)と呼吸器系(えらなど)を欠いており、体表面から直接ガス交換する。物質の輸送は拡散に頼っている。

https://thecardiovasculars.weebly.com/

無体腔で柔組織が広がっており、左右相称の体を持っている。

https://cluster56-files.instructure.com/

再生能力が高く、特にプラナリア類は頭部を復元することも可能である。

扁形動物の生殖

雌雄同体で,寄生性の種では生活史が複雑である。分裂などの無性生殖(無性子)と卵などを産む有性生殖(有性子)の二種類がある。大部分では体内受精が行われている。

http://www.zoology.or.jp/

2 Comments

みそみそ

細かいとこですが扁形動物の特徴
のところ

左右相称で、前後と腹背の区別があ「る」りになってます_(:3 」∠)_
                  

返信する
管理人

ご指摘ありがとうございます!訂正いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。