ちょっとディープな生物の世界

核酸とDNAの違いとは?

核酸とDNAの違いとは?

核酸はヌクレオチド(リン酸+五炭糖+塩基)が多数結合してできた巨大分子のことを指します。核酸には大別すると2種類存在し、それらはDNAとRNAです。

ヌクレオチド
https://www.chegg.com/

DNAもヌクレオチドが多数結合した物質で核酸の1つです。DNAのヌクレオチドにはデオキシリボースが含まれています。

RNAも同様にヌクレオチドが多数結合した物質で核酸の1つです。RNAのヌクレオチドにはリボースが含まれています。

まとめ

核酸とはヌクレオチドが重合してできた物質の総称です。そのため、DNAも核酸の1つだと言えます。しかし、DNAだけが核酸なわけではありません。

核酸DNA
RNA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。