ちょっとディープな生物の世界

火災現場にくると興奮して交尾して卵を産むヤツ「ナガヒラタタマムシ」

ナガヒラタタマムシとは?

ナガヒラタタマムシ(Melanophila acuminata)はナガヒラタタマムシ属に分類される甲虫です。ユーラシアや北アメリカの森林で生息しています。

photo by wikipedia.org

ナガヒラタタマムシの幼虫は火災で燃え落ちた樹木の中でしか生育しません。そのため、ナガヒラタタマムシの成虫は50kmも離れた遠方から火災の煙物質を感知して火災現場に飛来します。火災現場に到着すると盛っているオスとメスが交尾を始め、焼けた直後の樹木に産卵します。

火災現場の跡に産卵した方が他の競争する生物が少なくて育ちやすいんだそうです。

優れた感覚器をお持ちのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。